運送業界にオンラインシステムの普及

運送業界のオンラインシステム

以前、運送業界は個人向けの宅配、集荷は行っていませんでした。オンラインシステムの普及と共にその隙間を狙って中小の軽運送組合組織が同じユニホームにそでを通し、個人事業主がお互いに助け合い日本全国に個人向けの宅配事業を展開していきました。それは大々的に行われたスパークフェスティバルを通じて日本全国の多くの人達にその事業を知られるようになりました。そのフェスティバルでは最高品質のオーディオ/ビデオメディアを通じて発表されました。そんなこともあって軽自動車を使った宅配事業は全国に広まり浸透していきました。またその宅配業界へ大手運送会社も参入するほどの大きなビジネスチャンスを生みました。

運送業界のオンラインシステム

大手宅配業者は多くの配送ドライバーを雇い全国展開を進めます。また中小の軽運送組合はお互いの手の回らない処はサポートし合い、持ちつ持たれつで多くの宅配物を熟していき、いずれは個人ばかりではなく企業から小荷物だけを配送するようになりました。そうなると今度は大手企業がメール便というサービスを考え書類関係の配送を安い料金で配送するサービスを始め日本全国に定着させました。そして各々がそれぞれのサービスを提供するようになり運送業界は充実したサービスを行うようになったのです。オンラインシステムの普及はこの業界にかかわらず多くの業界の進歩躍進を促したのです。今後もどんどんいろいろなサービスが日本全国を走り回る事でしょう。